城東進学会の学習指導

学習指導の学年・教科

小学生・・・算数・国語・理科・社会のうち希望する教科。週1回でも複数教科を学ぶことができます。

中学生・・・数学・国語・英語・理科・社会のうち希望する教科。週1回でも複数教科を学ぶことができます。

高校生・・・数学と英語のうち希望する教科。週1回でも複数教科を学ぶことかできます。

授業の人数

講師1人が生徒1名か、2名を教えます。いわゆる個別指導型の学習塾です。

授業の曜日と時間帯

授業を行う曜日・・・月曜日から土曜日です。日曜日は休講です。祝祭日は授業を行います。
授業回数は、1週間につき1回以上、何回でも選ぶことができます。
授業時間・・・小学生は1回につき60分です。中学生と高校生は1回につき90分です。
授業の時間帯・・・授業の時間帯は、以下の表の○の記入された枠になります。
小学生

時間帯
17:00~18:00
18:00~19:00

中学生・高校生

時間帯
18:00~19:30
19:30~21:00

授業内容

小学生

小学校の授業の内容に沿って、塾での授業を行います。
小学生の場合、生徒が習いたい教科は算数に集中しています。そこで算数の授業について説明します。算数の学習内容の理解と定着は大きく2つに分かれます。概念の理解と演算の理解です。概念の理解は、たとえば図形の面積、ともなって変わる2つの量、座標などです。演算の理解は、加減乗除の計算において筆算のやり方などです。概念の理解は、多くの例を用いながら丁寧に説明していきます。演算の理解は、計算の手順を「見える化」しつつ教えます。その後、演習を繰り返し行い、計算のやり方を定着させていきます。

中学生

中学校の授業の内容に沿って、塾の授業を行います。
中学校の中間テスト、期末テストの対策をしっかりと行います。5教科のうち、不安のある教科を塾の授業で習うことができます。塾の授業のない日でも、塾で自習をすることもできます。
学習内容の理解・定着の力が高い生徒の場合は、高校受験が有利となるように、発展的な学習を行います。
生徒それぞれの個性や能力の特徴をふまえて、その生徒に適した学習方法を見つけていきます。
中学3年生は、学校の授業の内容に沿った学習のほかに、高校受験のための対策授業も行います。

高校生

高校の評定をあげるために、高校が配布しているワークや参考書を使って授業を進めます。

塾の宿題と課題

毎週、塾から生徒に宿題、あるいは課題を出します。
一般には宿題を出しますが、その宿題が重荷になる生徒には、課題を出すという仕組みです。宿題は、「なるべくは、これらの宿題をやって来て欲しい」という位置づけのものです。一方、課題は、「宿題ができない場合は、これらの課題をいくらかでも自分のペースで取り組むといいよ」というものです。
宿題や課題は、生徒の学習意欲の度合い、生徒が到達したい学力の水準(学校のテストの成績や順位、進学したい学校など、)などによって分量を決めます。
また、宿題や課題をやって来ない生徒を叱ることはしません。個別指導ですと、講師と生徒の心的距離が、集団授業での講師と生徒との心的距離よりも近いため、宿題をやらないときに叱りなどすると、生徒の通塾が辛いものになり、学習意欲を弱めてしまうおそれがあるからです。
課題を出して、いくらかずつでもそれをこなせるように、見守りながら学習指導を進めていくやり方をとります。

授業担当の講師

城東進学会の運営者である私1人が、全生徒を担当し、全教科を教えます。
そのため、生徒は自分が学びたい教科を、毎回の授業で自由に選ぶことができます。学校の授業で分からなかったことがらを、時間をおかず塾ですぐに質問し、疑問の解決を図ることができます。
また、授業や面談を通じて、生徒の個性や学力を丁寧に観察し、助言をよくして、学習意欲や努力する姿勢を育成します。

振り替え授業

学校の行事、部活動、生徒の体調が悪い、保護者が車の送り迎えがをすることができないといった理由で、塾の授業に欠席する場合は、別の曜日と時間帯に授業を振り替えることになっています。

振り替え授業は、期限は設けていません。たとえば9月に休んだ場合、10月の中間テストの前に振り替えてもかまいませんし、12月~1月の学校の冬休み期間に振り替えてもかまいません。

ただし、「欠席した授業の振り替えはしなくてよいから、欠席した回数分の授業の料金を差し引いてほしい」という要望は、かなえることができません。

春休み・夏休み・冬休みの授業

城東進学会は、学校の春休み、夏休み、冬休みの間も通常通り、授業を行います。
また、この通常授業とは別に、春期講習、夏期講習、冬期講習を実施します。春休み、夏休み、冬休み中の通常授業は参加が必須ですが、各講習のほうは参加・不参加は自由です。

生徒との面談・保護者との面談について

生徒との面談は、1ヶ月から2ヶ月に1度行います。学習計画・学習方法・進路について話すこともありますが、話題の中心となるのは、日々の家庭生活、学校生活、部活動、趣味などです。

面談の目的は、生徒の個性や関心時を理解することと、生徒の学習意欲を高めることです。「勉強を頑張ろう」と励ますより、生徒にさまざまなことを質問し、いろいろなことを語ってもらったほうが、生徒の学習意欲が高まる事実を、城東進学会では経験的に得ているからです。
保護者との面談は、希望すれば随時、行っています。生徒の日頃の家庭学習や進路のことなど、どのようなことでも相談してください。