自立型学習コース

自立型学習コースの目的

自立型学習コースは、個別指導のオプションとなっています。自立型学習コースをとるかどうかは、ご家庭の判断によります。
自立型学習コースの目的は2つあります。1つは、家庭ではあまり勉強をしない生徒が、勉強の習慣を身につけることです。もう1つは、個別指導の授業で理解した学習内容を、自立型学習での暗記と問題演習によって定着させ、たしかな学力を身につけることです。

自立型学習コースの内容

自立型学習コースで行う学習内容は、暗記や問題演習です。具体的な例として、以下のようなものがあります。
英語・・・英単語の暗記。不規則動詞の過去形、過去分詞形の暗記。英熟語や英語構文の暗記。英語基本文の英作文。
数学・・・計算問題の演習。1行問題の演習。
国語・・・読解問題の演習。古典問題の演習。
理科・・・重要用語の暗記。計算問題の演習。
社会・・・重要用語、重要事項の暗記。記述問題の演習。
その他・・・学校の課題や宿題。

自立型学習コースの学習事項の準備

生徒が、自分は自立型学習でどんなことをどのように行うかあまり分からないといったことがあります。勉強の習慣が身についていない生徒、学力が不安定な生徒には多く見られます。このような場合は、塾が生徒に、勉強のやり方と学習する内容を指導します。
生徒が学習することがらを自分で決めている場合は、生徒の主体性を尊重し、その学習を見守りつつ、必要に応じて助言を行います。

自立型学習と個別指導の授業の通塾回数

個別指導のオプションとして自立型学習コースを選ぶパターンは以下の通りです。
A.週1回の個別指導と週4回までの自立型学習コース(週5回までの通塾)
B.週2回の個別指導と週4回までの自立型学習コース(週6回までの通塾)
C.週3回の個別指導と週3回までの自立型学習コース(週6回までの通塾)

いずれのパターンでも、自立型学習の通塾は、その回数を厳守するというものではありません。その回数以内で通塾すればよいです。

自立型学習コースの時間

自立型学習コースの時間は、1回につき1時間~2時間を目安とします。できれば毎回2時間程度、複数の科目を塾で勉強していただきたいと考えています。学ぶ意欲が高ければ3時間、4時間と勉強してもかまいません。
また、自立学習の時間は16時~21時30分とします。

自立型学習コースの注意事項

生徒間の会話は厳禁とします。学校の宿題や学校の試験範囲について友達同士で確認したいときなども、会話はせずに、筆談などで手短に行っていただきます。
勉強をしている他の生徒の迷惑となる場合は、自立型学習コースの利用はやめてもらい、個別指導のみとさせていただきます。その場合は、未参加の回数分については返金いたします。