城東進学会での学習指導の具体例

城東進学会での学習指導の具体例

城東進学会は、生徒ひとりひとりで異なる個性、学習の理解・定着の力、学習意欲、将来の目標などをふまえ、それぞれの生徒に適した学習プランを立てて、学習指導を行います。
オーダーメイドの学習指導ではあるけれども、そのオーダーメイドの学習指導の内容を例として幾つか示します。

数学が苦手で、塾での学習指導を数学中心に希望する中学生
―― 1人対2人での指導・週1回の通塾

塾の授業では数学を教えます。他の教科については、家庭学習のやり方を指導します。中間テストや期末テストが近づいたときには、数学にこだわらず、どの教科も対応します。

苦手教科は特になく、5教科全体の学習指導を希望する中学生
―― 1人対2人での指導・週1回の通塾

塾での授業は、高校入試を意識して行います。数学ならば応用問題を解きます。英語ならば、文法を丁寧に理解し、英作文の力を身につけます。

勉強が全体的に苦手な中学生
―― 1人対2人での指導・週2回の通塾

講師のアシストが特に必要である科目を中心に行います。生徒ごとで異なりますが、多くの場合は数学、英語、理科になります。理科については、講師のアシストがなくても理解できる単元と、独力では理解が厳しい単元があります。そのため、理科を教えるのは不定期になると思います。
週2回の通塾ですと、無料で塾で自習を行うことができます。国語と社会は自習を利用して、学習の仕方を指導することができます。また、英語や数学についても、自習を利用して学習したことがらの定着や記憶化を図ります。

苦手教科が特になく、5教科全体の学習指導を希望する中学生
―― 1人対2人での指導・週2回の通塾

高校入試を意識し、ハイレベルの学力が身につくように学習指導します。水戸第一高や緑岡高をめざす場合は、数学の対策が特に重要になります。そのため、数学の学習進度を学校の授業よりも早くし、難問に挑戦することもあります。中間テストや期末テストのときには、どの教科も90点以上をとることを目標とし、完成度の高い試験準備をめざします。

学習指導の内容

学習指導の内容を、以下で具体的に説明しています。
[st-card id=652 ]
[st-card id=678 ]
[st-card id=680 ]
[st-card id=684 ]
[st-card id=720 ]