国語の読解問題が得意になる学習

国語の読解問題が得意になる学習

国語の読解問題が苦手だという中学生の多くは、文章の内容は理解できているけれども、問いに対する答えの導き方が分からない状態にあります。答えの導き方が分からないというのは、選択問題ならば、どの選択肢が正しいのか迷ってしまう、記述問題ならば、どのように答えたらよいのか分からない、語句の書き抜き問題ならば、正しい答えが文章中に見つからない、ということです。

これは、国語の読解問題を解き慣れていないために生じます。教科書準拠のワークを解いていても、読解問題の答え方はなかなか身につきません。教科書準拠のワークの問いは、教科書の文章内容を理解するためのアシスト的な役割があります。中間テストや期末テストの問いは、文章内容を理解しただけでは正解を得られないような、解答技術を求める作りをしています。

すなわち、読解問題の解答技術を身につければ、中間テストや期末テスト、さらには実力テストや入試問題で、国語の読解問題の正答率が高まるようになります。

この解答技術は、中学校の国語の授業では教えません。中学校の国語の授業では、小説文や詩などは、作品の鑑賞が目的です。説明文や論説文は、文章に書かれている事実や筆者の主張を正確に読み取ることが目的となっています。ですから、解答技術は、家庭学習――塾や家庭教師や市販のテキストによって自力で身につけなければなりません。
城東進学会では、国語の授業を希望する生徒には教えています。ですが、英語、数学、理科などの他に国語も授業で習うとなると、授業回数は増え、月謝も高くなってしまいます。

そこで、城東進学会では、以下の国語の読解問題集をお薦めしています。

「解き方」がわかる国語 文章読解 (高校入試 塾の先生が教えるシリーズ)

石関 直子 学習研究社 2010-09-15
売り上げランキング : 1595

by ヨメレバ

 

こわくない国語文章の読解 (くもんの高校入試スタートドリル)

くもん出版 2013-02-01
売り上げランキング : 173636

by ヨメレバ

 

中学国語読解トレーニング 基礎編

数研出版編集部 数研出版 2015-10-01
売り上げランキング : 178307

by ヨメレバ

 

中学国語読解トレーニング 発展編

数研出版編集部 数研出版 2015-10-01
売り上げランキング : 493490

by ヨメレバ